サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

THE ARRAN / アラン とは 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180413004333j:plain

THE ARRAN(アラン)とは

元シーバス、キャンベルディスティラーズ社の代表取締役をしていた、ハロルド・カリー氏が1995年に創業しました。

アラン島は彼の父祖の地だったのと、一つも蒸留所がなかったためアラン島に蒸留所を建てることにしたそうです。

昔はアラン島にも蒸留所はあったが閉鎖されてしまったそうです。またアラン島には密造所が50近くあると言われています。そのウイスキーはアランウォーターと言われています。

f:id:loud-w:20180413005011j:plain

 

 

  • THE ARRAN(アラン)とは
  •  ラインナップ 
    •  アラン 10年
    • アラン 14年
    • アラン18年
    • アラン アマローネカスク
    • アラン ポートカスク
    • アラン マデイラカスク
  • まとめ

 

続きを読む

DALMORE / ダルモア とは「味、由来、ラインナップや値段」

f:id:loud-w:20180411224748j:plain

DALMORE(ダルモア)とは

スコットランド、ハイランド地方で作られているシングルモルトウイスキーです。

DALMORE(ダルモア)とはゲール語で「広大な湿地」という意味を持ちます。

↓ゲール語についてはこちら↓

www.rock-fashion-bar-willwill.com

 

ダルモアの特徴としてまずはボトルですよね。大きな鹿のマーク。

これはスコットランド国王アレキサンダー三世を雄鹿が襲った時にマッケンジーという人が救ったことから、マッケンジー家は鹿のマークを使うようになったと言います。

マッケンジーさんがこのダルモアの創業者です。蒸留所は1839年創業です。

このようなエピソードから勇者のウイスキーとも呼ばれています^^

ダルモアはシェリー樽が主流です。

 

  • DALMORE(ダルモア)とは
  • ラインナップ
    • ダルモア 12年
    • ダルモア 15年
    • ダルモア 18年
  • まとめ

 

続きを読む

BENRINNES / ベンリネス 「味、値段、由来」

f:id:loud-w:20180410220941j:plain

BENRINNES(ベンリネス)とは

スペイサイドの最高峰ベンリネス山(840m)の麓に蒸留所があるシングルモルトウイスキーです。

ベンリネス蒸留所が創業されたのは1826年ですが、1829年に大洪水で流失してしまい1834年に蒸留所を再建します。そのため蒸留所のオフィシャルな創業年は1834年となっています。

ベンリネスの特徴として、モルトウイスキーは通常2回蒸留で造られますが、ベンリネスではもろみの一部を3回蒸留するという珍しい手法がとられています。そうすることでよりまろやかになります。

スプリングバンクというスコッチウイスキーは2.5回蒸留として珍しいです。

詳しくはこちら

www.rock-fashion-bar-willwill.com

 

またベンリネスはモートラックというウイスキーと同様に「ディアジオの異端児」と呼ばれています。

 

  • BENRINNES(ベンリネス)とは
  • ラインナップ
    • BENRINNES 15年 UD花と動物シリーズ
    • BENRINNES 1997ホグスヘッド シグナトリー (ボトラーズ)
  • まとめ

 

続きを読む

JIMBEAM / ジムビーム とは 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180404165132j:plain

JIMBEAM(ジムビーム)とは

 

JIM BEAM(ジムビーム)は、ケンタッキー州、クラーモントという地で蒸留製造されているバーボン・ウイスキーです。

1795年にビーム社により創業されました。2014年に全株がサントリーホールディングスに買収され、2014年5月に社名が現在のビーム サントリー となりました。

サントリーさんやりますよね!

今ではローラさんを使っての宣伝で大人気となっています。

全世界バーボンウイスキー売り上げ第1位です!

 

 

  • JIMBEAM(ジムビーム)とは
  • ラインナップ
    • ジムビーム (ホワイト)
    • ジムビーム ブラック
    • ジムビーム ライ
    • ジムビーム ハニー
    • ジムビーム ダブルオーク
    • ジムビーム デビルズカット
    • ジムビーム アップル
  • まとめ

 

続きを読む

ブッカーズ 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180327012233j:plain

ブッカーズとは

 

「クラフト バーボン」と呼ばれるバーボンウイスキーです。

クラフト バーボンとは大量生産されるバーボンウイスキーとは違い、原料や味にこだわり、丁寧に作られた限定生産のバーボン・ウイスキーです。

もちろんどのメーカーさんももちろん丁寧には作ってますよ!

少量、限定生産のバーボンウイスキーと言った方がわかりやすいですね。

そしてクラフトバーボンという歴史の最初のクラフトバーボンがブッカーズです。

ビーム家6代目のブッカー・ノウさんが1988年に作り上げました。

ビーム家はあのジムビームの一家です。

 

  • ブッカーズとは
  • ラインナップ
  • まとめ

 

続きを読む

宮城峡 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180318025319j:plain

宮城峡とは

宮城県仙台のウイスキーです。

まっさんで話題となった竹鶴政孝さんが1934年ニッカウイスキー株式会社を創立。

その約30年後、1964年に仙台にニッカウイスキー2つ目となる蒸留所。

華やかでフルーティー、なめらかな味わいのシングルモルトウイスキーです。りんごや洋梨を思わせる香りと樽のやわらかなバニラの香り、スイートさとなめらかな口当たり。やわらかな余韻が特長的な一本です。

ジャパニーズはやっぱり繊細ですね^^

 

  • 宮城峡とは
  • ラインナップ
    • 宮城峡
  • まとめ

 

続きを読む

HIGHLANDPARK / ハイランドパーク とは 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180310193842j:plain

HIGHLANDPARK(ハイランドパーク)とは

HIGHLANDPARK(ハイランドパーク)蒸留所は1798年オークニー諸島という北っ側にある島々の丘の上に建てられた。オークニーとはヴァイキングの言葉で“アザラシの島”の意味。北緯59度に位置する最北の蒸留所である。

仕込み水に硬水を使用し、今でもフロアモルティングを行うなど、数々のユニークな特徴をもっている。
モルトの中でも出色の食後酒と呼ばれています。

ヘザーハニーのような豊かな芳香が大きな特徴です。

 

  • HIGHLANDPARK(ハイランドパーク)とは
  • ラインナップ
    • ハイランドパーク 12年
    • ハイランドパーク 18年
    • ハイランドパーク 25年
    • ハイランドパーク 40年
    • ハイランドパーク ダークオリジンズ
    • ハイランドパーク ヴァルキリー
  • まとめ

 

続きを読む

知ってたら通⁉︎女性や初心者にもオススメ!フルーティーなスコッチウイスキー10選!!

f:id:loud-w:20180311133403j:plain

今回はフルーティーなウイスキー大特集です!!

フルーティーなウイスキー大好きなぼくが流行り物、売れ筋関係なく個人の独断と偏見によりチョイスしました!

割とマニアックなウイスキーもあるため、知っていたら通かもしれませんね^^

フルーティーな味わいは女性や、飲み始めの方にも人気なため、オススメもしやすいですよ♪

 

 

  • そもそもフルーティーってどんな味?
  • フルーティーなオススメウイスキー  
    • 1.AULTMORE (オルトモア)
    • 2.BALLANTINE'S(バランタイン) 17年
    • 3.GLENGRANT (グレングラント) 18年
    • 4.CLYNELISH (クライヌリッシュ) 14年
    • 5.THE GLENLIVET (ザ・グレンリベット) 18年
    • 6.GLENFIDDICH(グレンフィデック) 18年
    • 7.GLENMORANGIE (グレンモーレンジ) 10年
    • 8.山崎 12年
    • 9.BLACK&WHITE (ブラック&ホワイト)
    • 10.宮城峡
  • まとめ

 

続きを読む

GLEN GRANT / グレングラント 「味、由来、値段」

 f:id:loud-w:20180310124634j:plain

GLENGRANT(グレングラント)とは 

1840年、スコットランド、スペイサイドのローゼスという町のはずれに、ジョンとジェームズのグラント兄弟がウイスキー蒸溜所を創業しました。

このグレングラントはスコットランド以外で売られた初めてのウイスキーです。

そしてシングルモルト売り上げ世界6位です!

中でもイタリアで大人気なのです。イタリア国内のウイスキーシェア率は70%オーバー!

今はイタリアのカンパリ社が所有者です。

なぜイタリアで人気かというと、当時にスペイサイドからイングランド方面への鉄道を敷き自社のウイスキーを大量に輸出していたからです。

 

 

  • GLENGRANT(グレングラント)とは 
  • ラインナップ
    • グレングラント ザ メジャー リザーブ
    • グレングラント 10年
    • グレングラント 12年
    • グレングラント 18年
  • まとめ

 

続きを読む

CLYNELISH / クライヌリッシュ 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180303182902j:plain

CLYNELISH(クライヌリッシュ) とは

クライヌリッシュ蒸留所は1819年に北ハイランド地方に建設されました。1967年に同じ敷地内に新しくクライヌリッシュ蒸留所が造られました。その際に旧蒸留所は「ブローラ」という別のウイスキーの蒸留所となりました。

このブローラという蒸留所は1983年に閉鎖されましたが2020年に復活するというニュースも入ってきています。

クライヌリッシュと同じ敷地に二つの別の蒸留所があるということですね。

ですが製法はまるで違い、クライヌリッシュはノンピート、ブローラはピートテッド麦芽を使っていたのでまるで違う二つのウイスキーでした。ブローラは飲んだことないので個人的には出回るのが楽しみです。2020年復活なので飲めるのはまだまだ先のようですが^^;

また復活と言っても当時と全く同じ環境ではないため、当時の味になるかどうかはみなさんの不安みたいです。楽しみには違いありませんが!

 

クライヌリッシュとはゲール語「金色の湿地」という意味合いです。蒸留所の立地からだと思います。

↓ゲール語についてはこちら↓

www.rock-fashion-bar-willwill.com

 

 

 

続きを読む