サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

Hoegaarden ヒューガルデン とは 「味、由来、歴史」

f:id:loud-w:20180504160600j:plain

Hoegaarden(ヒューガルデン)とは

ベルギー、ヒューガルデン村というところで作られている白ビール。ベルギービールです。

上面発酵、エールビール。

フルーティーで飲みやすく日本で一番知られているベルギービールと言われてます。

 

ロゴの杖はヒューガルデン村にビールの製造法蒲黄を伝えた伝道師を意味し、鍬(くわ)は原料となる麦などを作る農民を意味しています。

 

 

 

 

 

 

ヒューガルデンホワイト

色は白く、明るいイエロー。
オレンジ、コリアンダー、りんご、アプリコットのようなフルーティーな香りがあり、口に含むとさわやかな酸味も感じれます。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはヒューガルデン専用のグラスです。

専用グラスは、釣鐘を逆さまにしたような形で、手の熱がビールに伝わらないよう肉厚のつくりになっています。

 

ヒューガルデン ロゼ

 

ヒューガルデンホワイトにフランボワーズの果汁を加えて造られたフルーツビールです。
色はロゼ。ルビー色。ラズベリー、バラのような香りが広がります。

甘みと酸味のバランスよく、軽くてさわやかな味わいです。
アルコールがあまり強くない方や女性にお勧めです。

 

 

 

 

ヒューガルデン 禁断の果実

 

禁断の果実。すごい名前ですよね。アダムとイブの絵が書いてあります。

見た目のインパクトに負けないくらいにホップの味わいやスパイスさ、とても力強い一本です。

 

 

 

 

ヒューガルデン グランクリュ

 

グランクリュはヒューガルデンシリーズの上級品。

グランクリュはフランス語で特級という意味。

ほかのビールとは違い大麦麦芽だけが使われています。
色はオレンジがかったゴールド。
ヒューガルデンの特徴であるフルーティーな香りにスパイシーな香り。
酸味、甘味のバランスがよく複雑な味わいが楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

日本では大人気のベルギービール。ヒューガルデンの紹介でした。

今ではヒューガルデンの生を売っているところもありますよね。

 

ちなみにヒューガルデンは日本の法律ですと発泡酒扱いです。

酒税法で麦芽の使用比率や、副原料の有無だったりにより表記が変わるそうです。難しいですよね^^;

 

 

 

こちらは飲み比べセットです。

3種類のヒューガルデン+グラスがついています。

ビール好きな方へのプレゼントにもおすすめです。