サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

TOMATIN トマーティンとは 「由来、味、値段」

f:id:loud-w:20180503170405j:plain

TOMATIN(トマーティン)とは

 

TOMATINとはゲール語で「ねずの木の茂る丘」という意味を持ちます。

↓ゲール語についてはこちら↓

www.rock-fashion-bar-willwill.com

15世紀頃ネズの木の茂る丘にトマーティン村があり、そこでは密造酒が作られていました。

トマーティンは1897年創業で実業家たちにより建てられました。シングルモルト、ハイランドです。

当時はスコッチがばか売れしており、投資として建てられることも多かったそうです。

事業はうまくいき、1974年にはウイスキー生産量がスコッチ最大級にまでなりました。

が。1980年代に入るとウイスキーは不況期へ。オーナーも倒産し、経営困難でした。

そのタイミングで日本の企業、宝酒造、大倉商事がトマーティンを買いました。

これは日本の企業が所有する最初の蒸留所となったのです。

 

 

 

 

 

ラインナップ

 

トマーティン 12年

トマーティンは基本的にはドライなイメージがあります。

12年は最後の約8ヶ月間をシェリー樽にて仕上げています。そのためか温かみある味に、リンゴの風味も感じます。

 

 

 

トマーティン 14年 ポートカスク

 13年間はバーボン樽、最後の1年間をポートワイン樽で仕上げの熟成をしてます。

ポートワインの深みある甘い香りやフルーティーさを感じられます。

コストパフォーマンスもとてもいいです○

 

 

 

 

トマーティン 18年

バーボン樽で16年間以上熟成。最後の2年間をシェリーの樽で仕上の熟成をしています。力強い香り、シェリーの香り。モルト由来の甘味、シトラスやブラック・チョコレートのような複雑な味わいが特長の一本です。

 

 

 

 

トマーティン レガシー

トマーティンで一番リーズナブルなシリーズです。

レガシーとは「受け継がれる財産」という意味です。

樽の甘み、力強さを感じられます。

 

 

 

 

まとめ

 

TOMATIN、トマーティン。トマトのような味がするの?と思われることもあるかもしれませんが全く関係ないです^^笑

日本の企業が初めて所有した蒸留所がこのトマーティンということで知られてもいます。

日本の人はトマーティンのことをトマーチンと呼ぶからそれは違うよ。

トマーティンって呼んでくれと蒸留所の方が言ってたそうです。

 

 

↓トマーティン現在のラインナップはこちらから↓ 

トマーティン 現在のラインナップ(楽天市場)

トマーティン 現在のラインナップ(amazon)