サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

THE ARRAN / アラン とは 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180413004333j:plain

THE ARRAN(アラン)とは

元シーバス、キャンベルディスティラーズ社の代表取締役をしていた、ハロルド・カリー氏が1995年に創業しました。

アラン島は彼の父祖の地だったのと、一つも蒸留所がなかったためアラン島に蒸留所を建てることにしたそうです。

昔はアラン島にも蒸留所はあったが閉鎖されてしまったそうです。またアラン島には密造所が50近くあると言われています。そのウイスキーはアランウォーターと言われています。

f:id:loud-w:20180413005011j:plain

 

 

 

 

 ラインナップ 

 

 アラン 10年

ブレンド用の原酒づくりがメインではなく、シングルモルトとして飲むためのウイスキーをつくっている数少ない蒸溜所です。

10年熟成とは思えないやわらかさとなめらかさが特徴で、冷却ろ過、カラーリングを施さず、自然な状態でボトリングしています。 シトラスフルーツの香りと麦芽の自然な甘さは時間や場所を選ばずお楽しめます^^

 

アラン 14年

ハウススタイルのシトラス、ハチミツにバニラ、トフィーそして島モノらしい塩気が見事なハーモニーを奏でています。ストレートはもちろん、水割りやハイボールにも最適なオールラウンダーです。使い勝手がよく、コストパフォーマンスに優れた1本ですので、是非、定番に一本常備ください。

 

 

 

アラン18年

こちらの18年は、アラン島ゴート・フェルという山の麓で18年以上熟成したシェリーカスクとバーボンカスクをバランスよく使用しています。
香りはオレンジピール、蜂蜜の甘さをメインに、バーボン樽の芳ばしさとバニラが広がります。

口に含むとチョコレート、バニラのような味を楽しめます。

 

 

 

アラン アマローネカスク

オーク樽で熟成後、イタリアの辛口赤ワイン「アマローネ」の空き樽で追加の熟成を行いました。

30年以上に渡りウイスキーの製造に携わるマスターディスティラーのジェームス・マクタガートが慎重にモニターし、最適な期間ワイン樽で追加熟成しました。

赤ワイン樽の香り、クランベリー、ハチミツ、アーモンド。

徐々にコーヒー、バタースコッチ、オレンジチョコレートへと変化。味はアプリコット、プラム、チェリー、ダークチョコレート、トフィー、シナモンのアクセント。

など様々な味を探れる一本です。

 

 

アラン ポートカスク

ポートカスクはトラディショナルオーク樽で熟成後、ポルトガルの酒精強化ワイン「ポート」の空き樽で追加の熟成を行いました。

こちらもワイン樽でフィニッシュをかけており、様々な味を探せます。ドライフルーツ、シトラス、ファッジ、ベイクドアップル、洋ナシ、シナモン、プラムとオフィシャルでは書かれています。

 

 

 

アラン マデイラカスク

アラン マデイラカスクはホグスヘッドで熟成の後、ポルトガルのマデイラ島で生産される酒精強化ワイン「マデイラワイン」の空き樽で追熟したシングルモルトです。
全世界で12,000本限定リリースで、日本へは300本の入荷となります。

2017年リリース限定300本のため、もうあまり残ってはいませんが、残っているリンクを貼っておきましたのできになる方はお早めに^^

 

 

 

 

 

f:id:loud-w:20180415154409j:plain

まとめ

スコットランドで最も美しい島の一つとして知られ、スコットランドの地形、地質学的特徴を全て備えていることから、
「スコットランドのミニチュア」とも称されています。
シングルモルト専門の蒸溜所として量よりも質にこだわり、麦芽本来の自然な甘さと香ばしさにアイランズモルトならではの潮風のスパイスが効いたシングルモルトとなっています^^

 

 

 

アランモルト 現在のラインナップ(楽天市場)

アランモルト 現在のラインナップ(amazon)