サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

宮城峡 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180318025319j:plain

宮城峡とは

宮城県仙台のウイスキーです。

まっさんで話題となった竹鶴政孝さんが1934年ニッカウイスキー株式会社を創立。

その約30年後、1964年に仙台にニッカウイスキー2つ目となる蒸留所。

華やかでフルーティー、なめらかな味わいのシングルモルトウイスキーです。りんごや洋梨を思わせる香りと樽のやわらかなバニラの香り、スイートさとなめらかな口当たり。やわらかな余韻が特長的な一本です。

ジャパニーズはやっぱり繊細ですね^^

 

 

 

 

ラインナップ

宮城峡

繊細な線が細かく、詰まったような味わいです。

まずはストレートで飲んでいただきたいです。

華やかさとフルーティな香り、スムースな口当たりとスイートな味わいを感じれます。

ソーダ割り、ハイボールにすると微かなピートの余韻が、飲みごたえを感じさせてくれます。 

 

 

 

まとめ

f:id:loud-w:20180319231634p:plain

 

ニッカウイスキーの2本のシングルモルト。宮城峡と余市。今回は宮城峡の紹介をしました。

サントリーさんの白州、山崎ほどではないですが、ニッカウイスキーの宮城峡、余市も人気が出ています。品切れになっていることも多く、しばらくは在庫が心配です^^:

見学ツアーなども無料で参加できるので、一度行ってみてみるのもいいですよ。

ウイスキーを作っている場所、環境で飲むウイスキーが一番美味しいですよね。

雰囲気込みで素晴らしいです^^