サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

SPRINGBANK / スプリングバンク 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180221175852j:plain

SPRINGBANK(スプリングバンク)とは

スコットランド、南西部あたりにある「キャンベルタウン」と呼ばれる都市に蒸留所を構えるシングルモルトウイスキーです。

スプリングバンクはモルトの香水と呼ばれるほど香り高く、芳醇です。
シングルモルトの中で一番塩っぽいと言われる1本です。

また製麦からボトリングまでのすべての工程を蒸溜所の敷地内で管理しています。

更に3基の蒸溜器を使い、タイプの違う3種類のシングルモルトを製造しています。 軽くピートを焚き、2回半蒸溜の『スプリングバンク』、ヘビーピートで2回蒸溜の『ロングロウ』、ノンピートで3回蒸溜の『ヘーゼルバーン』という3つのラインナップを持っています。

 

 

 

 

ラインナップ

f:id:loud-w:20180221180200j:plain

 

※どれも 「最安値を探す」 を押していただけると、ラインナップを調べられるようになっておりますので、ぜひご参考にしてください。

 

スプリングバンク 10年

このスプリングバンク10年が「モルトの香水」と呼ばれるほど香り高く、港町に位置する蒸溜所という環境から塩辛い味わいを帯びるなど、個性的な香味のシングルモルトのひとつとして知られています。

価格もリーズナブルで家飲みにもお勧めです。ソーダ割り、水割りも間違いないです^^ 

 

 

スプリングバンク 12年 カスクストレングス

12年はカスクストレングスは定期的に数量限定でリリースされる商品です。

在庫があるときはタイミング見て買っておくことをお勧めします^^

シェリー樽をメインに使用しているため芳醇な香りと、濃厚で温かみのある味に仕上がっています。

加水を一切せずにボトリングしている為、スプリングバンクのそのままのポテンシャルを楽しめます。

 

 

スプリングバンク 15年

シェリー樽で熟成された原酒を使用。

ダークチョコのような香りで、シガーと合わせて飲まれる方が多いです。

ボトルの色が緑と一度見たら、飲んだら忘れられないようなデザインです。

これもスプリングバンクらしいですよね^^

 

 

スプリングバンク 18年

スプリングバンク18年は、熟成に80%以上シェリー樽を使用した商品です。

スプリングバンクらしい塩気にフルーティーな香り、更には18年と長熟成なため、深み、コクのある余韻が長く残ります。

 

 

スプリングバンク 21年

1990年代に定番商品として流通し、ウイスキー愛好家の舌を唸らせてきた伝説のウイスキーです。

2012年から年1回極少量のみ生産が再開された限定商品。バーボン、シェリー、ポート、ラムの4種の樽を使用して作られています。

深みもあり、4種の樽を使用しているためとても複雑な味を出しています。

ボトルのデザインもゴールドととてもゴージャスな作りとなっています。 

 

 

スプリングバンク 14年 バーボンウッド

スプリングバンク14年 バーボンウッドはファーストフィルとリフィルのバーボンバレルのみを使用した14年熟成。全世界で9,000本のリリースで、日本へは600本限定入荷になりました。

バーボンウッドなため、バーボンのバニラの風味、はちみつの甘いような香りがあり、そこにスプリングバンクの塩見が加わり面白く、なめらかな味に仕上がった商品です。

度数もそこそこありパンチもあります^^

 

 

 

まとめ

 

楽天市場のウイスキー売り上げランキングで10位にランクインするほど人気が出ています。

そのためか、お一人様一本限りとなっているショップもあります。

製麦からボトリングまでのすべての工程を蒸溜所の敷地内で管理しているというあまりないメーカーさんです。

そしてキャンベルタウンモルトの看板を背負っているブランドです。

また知っていたらちょっと通ぽいお酒です^^

 

 

スプリングバンク 現在のラインナップ(楽天市場)

スプリングバンク 現在のラインナップ(amazon)