サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

Chivas Regal / シーバスリーガル 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180221021411j:plain

Chivas Regal(シーバスリーガル)とは

 

ジョニーウォーカー、バランタインに次いで世界スコッチウイスキー売り上げ第3位です。

製造業者はシーバス・ブラザーズ社。

その名の通りシーバスさん兄弟が始めた会社です。1801年創業です。

元はコーヒーや、ブランデーを扱っていたが、ウイスキーの普及のウイスキー需要にこたえ、ウイスキー製造を始めたそうです。

1950年にはシーバスリーガルを代表する蒸溜所となる、ハイランド地域最古の歴史を持つストラスアイラ蒸溜所を購入しらウイスキーに絞っていったと言います。

現在ではペルノ・リカール社の傘下となっています。

 

 

 

 

 

ラインナップ

f:id:loud-w:20180221021555j:plain

 

※どれも 「最安値を探す」 を押していただけると、ラインナップを調べられるようになっておりますので、ぜひご参考にしてください。

 

シーバスリーガル 12年

 

ハチミツの香り、クリーミーでまろやかなシーバスリーガルと言ったらこの12年。

リーズナブルで家で飲むにもオススメです。

ソーダ割り、水割りにも合うため、食事の場、居酒屋さんなどでの取り扱いも増えているように思えます。 

 

 

シーバスリーガル 18年

 

なめらかで芳醇。チョコとエレガントなフレーバー。

リンゴブドウの濃厚な香りにカラメルのような甘い香りが目立ちます。
味わいもフルーツの甘さがメインです。

数々の賞も取ったウイスキーです。

12年とは少し違った雰囲気を持っていて面白いです。

 

 

シーバスリーガル  25年

 

25年とかなり長熟な数量限定生産ボトル。

ボトルには一つ一つシリアル番号がつけられています。

そのプレミアム感に似合ったリッチで贅沢な味、時間を楽しめます。

シーバス、ブレンデッドの特徴であるまろやかさを残しつつクリーミーでコクがあり深く長くゆっくり楽しめます。 

 

 

シーバスリーガル ミズナラ12年

 

なんとこちら日本限定のモデルとなっております。日本人は割って飲むことが多いのと、繊細な舌を持っているということで、気を遣っていただき誕生した一本です。笑

他のラインナップより、飲みやすい甘くてまろやかさを追求しているように感じます。

水割り、ソーダ割りはその旨味が更にきれいに伸びるのでオススメです。

 

シーバスリーガル アイコン

 

シーバスリーガルは世界中のウイスキーの象徴=アイコンとして地位を確立しています。その象徴とも言える『シーバスリーガル アイコン』です。

英国のクリスタルメーカー「ダーティントン」によって手吹きで作られる、緑色のエレガントなクリスタルデカンターを使っており見るからに高そうなデザインです。

まぁ価格も高いです。ぜひ飲ませていただきたいです。。 

 

シーバスリーガル アルティス

 

ULTIS(アルティス)とは、「ULTIMATE(究極)」と、ラテン語の「FORTIS(力)」を掛け合わせた造語で「究極の力」を意味してるそうです。

伝統が培った究極のブレンディング技術を象徴する一本に仕上がったみたいです。

全体的にはアロマ、フルーティな感じに仕上がっています。

名前負けしない、はっきりとした味わいになっています。

ブレンデッドの良さ、甘み、飲みやすさを残したまま、シーバスリーガル、アルティスの個性を出した一本です。

 

 

まとめ

全世界で第3位を誇るシーバスリーガル。

日本へ向けても作っていて、とても近いメーカーに感じます。

1801年創業と歴史も長いメーカーです。

飲み口もライトで飲みやすく、ハイボールなどにもお勧めなので

まだ飲んだことないという方はどこのBARでも、居酒屋さんでも扱っていることがあるので

飲んでみてください♪

 

 

シーバスリーガル 現在のラインナップ(楽天市場)

シーバスリーガル 現在のラインナップ(amazon)