サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

WHITEHOUSE / ホワイトホース 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180210123258p:plain

ホワイトホースとは

 

ホワイトホースの由来は元はホワイトセラーという旅館からきています。

スコットランドのエジンバラというところからロンドンへ向かう乗合馬車の出発地点だったそうで、そこでウイスキーを提供していたんだとか。

ラベルの馬のロゴはホワイトセラーの看板です。

ホワイトホースは1890年創業。創業者はピーターマッキー。この方の叔父がラガブーリンの蒸留所のオーナーでして、そこで長年働いたのちに独立したのです。

ピーターは休みを知らない。休みいらずで働いていたことからレストレスピーターと呼ばれていました。すごい。

現在でもラガブーリンにはホワイトホースの看板、ピーターの写真が飾られているんだとか。

 

ちなみに今では見慣れたスクリューキャップもホワイトホースが1番初めです。

 

 

 

 

 

ラインナップ 味わい

f:id:loud-w:20180210124140j:plain

 

ホワイトホース ファインオールド

定番商品ですね。居酒屋さんなどでハイボールと言うとこのファインオールドで作っているもころも多く見かけます。

ハチミツのような甘さ、まろやかな味わいでこの価格帯でこれは満足です。

サイズも幅広くあります。

 

 

 

ホワイトホース12年

日本向けに作られたラインナップです。

日本人の味覚に合うように、ということですね。飲みやすく、ファインオールドよりコク、余韻が長くなったような感じです。

こちらもハイボールでジャバジャバ飲むのに向いています^^ 

 

 

 

まとめ

レストレスピーターが作り上げた味。

ホワイトホースは安く、居酒屋などでもハイボール!なんて言った時に使われたりもしていて、安く簡単に手に入るのでぜひ飲んでみてください。

お手頃価格で安定した味を。

自宅でソーダで割ったりして飲む用にもいいですね!