サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

THEGLENLIVET / ザ グレンリベット 「味、由来、値段」

f:id:loud-w:20180208011105j:plain

THE GLENLIVETとは

 

 


THE GLENLIVETとはゲール語で「リベット谷」の意味です。

GLENというのがゲール語で「谷」という意味です。
↓ゲール語って?という方はこちらも一緒に↓

www.rock-fashion-bar-willwill.com

ウイスキーにGLENってつくものは大体近くに谷があったりということですね。

 

1824年創業。200年近い歴史を誇っています。

創業者はジョージ・スミスさん。

リベット谷は豊富な地下水やスペイ川に流れ込む川がありウイスキーづくりには最適の土地でした。

そして辺りも谷だらけだったため、密造者が集まっていたとか。

またリベットの歴史を語るにして欠かせない知識が、初めての政府公認蒸留所ということです。

当時は法律的に密造酒としてしか楽しめなかったものが、当時の国王がその味を絶賛し正式に認められるようになったのです。

リベットを初めとしその後スコッチウイスキーの道が切り開かれたというわけです。

 

 

f:id:loud-w:20180208011250j:plain

ラインナップ、味わい

 

THE GLENLIVET ファウンダーズリザーブ

リベットの特徴であるフルーティーさを活かしたウイスキーです。

オレンジ系の余韻あります。

12年が定番として人気なため、影に隠れがちですが、コストパフォーマンスも考えとても優秀です。

 

 

 

 

THE GLENLIVET 12年

リベットと言えばこの12年というイメージがあります。

リベット。シングルモルトの原点と言っても過言ではないウイスキーです。

ハチミツの香り、フルーティーな味わい。とてもバランス良くスムーズで万人受けする理由が分かります。

ストレート、水割り、ハイボールの味を知っておくと基準として他のウイスキーを飲んだ時に味比べしやすい一本だと思います^^

  

 

 

 

THE GLENLIVET 15年 フレンチオークリザーブ

フレンチオークの樽で仕上げてるウイスキーです。フレンチオークの樽とはフランス産の樽であり、プレミアムワインの熟成に使われることが多く、最も人気があって価格も高い樽です。そこで熟成することで、ワインの香りをつけることができるのです。

より温かみなど、優しい口当たりになります。

フレンチオークリザーブはリベットの特徴であるフルーティーさを残しつつクリーミーでスパイシーさも付け加えたようなウイスキーです。

 

 

 

THE GLENLIVET 18年

個人的にリベットの中で1番好きです。

バランスがとてもよく、18年と長い熟成なため深みもあり、軽すぎずフルーティーでスーッと溶けていきます。

数々の賞も受賞しているみたいです。

12年など飲み慣れたら是非18年に挑戦してみてください。

リベットはコストパフォーマンスもよく、味もバランスがよく、他のウイスキーと飲み比べるのに最適ですし、こちらの18年はよくできていて、自宅でいつでも気軽に飲めるのでオススメです!

 

 

 

 

THE GLENLIVET アーカイブ21年

 

ここまでくると値段もまぁまぁしてきますが、リベットの味わいが好きって方はぜひ挑戦してもらいたいです。

香りは蜂蜜。口に含むと初めはスパイシー。そして徐々に甘みへと変化していきます。ゆっくり時間をかけて長く味わえます。

 

 

 

 

THE GLENLIVET 25年

 

長熟成ですね。値段も張りますが、値段と味は比例するなんて言いますけどどうなんですかね。

まだ飲めていません、、

テイスティングノートを見る限り21年に似てスパイシーさからの甘さのような感じみたいですね。

余韻も長くずっと残るそうです。

 

 

 

ナデューラシリーズは少ロットで素材のナチュラルさを強調し仕上げているシリーズです。

 

 

 

THE GLENLIVET ナデューラ オロロソ

 

ナデューラとはゲール語でナチュラルという意味です。

オロロソはシェリー樽ですね。

リベットの持つフルーティーさに温かみが加わりました。

ふわっとするイメージです。

 

 

 

THE GLENLIVET ピーティッド

 

ピーティさを強調したモデルです。

林檎系の香りに煙たさが加わりなんとも言えないバランスの一品です。

リベットなの?と思うほど他のラインナップとは違っていて面白いです。

煙たすぎず、スーッと入っていく感じはリベットだなぁと感じました^^ 

 

 

 

 

まとめ

f:id:loud-w:20180208011303j:plain

 

オフィシャルのラインナップを見てもすごい数ですよね。見た目や、歴史なども含め大人気のリベット。全てのラインナップをぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

25年飲む機会があったら追記いたします!

グレンリベットは僕にとっても原点といっても過言ではないです。

リベットの味を覚え、他のウイスキーを飲み比べてみるのもオススメです。

僕はそれで味を覚えていきました。リベットと比べて⚪︎⚪︎だなぁ〜とかです^^

このようなやり方もあるのでよければ参考にしてみてください。