サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

スコッチウィスキー、アイラモルトとは。まとめ。

f:id:loud-w:20180122123248j:plain

 

 

 

アイラ島とは。

アイラ島はイギリス、スコットランドの西南部にある島で、日本でいう淡路島と同じくらいの面積ですね。

補足。イギリスはイングランド, スコットランド, ウェールズWales), 北アイルランドの4つの「国」の連合王国。正式名は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」(The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)なのでthe United Kingdom(UK)ですよ。

 

 

f:id:loud-w:20180122131654j:plain

 

ちなみにスコットランドの面積は北海道とほぼ、同じ面積。

 

 現在のアイラ島のお酒

f:id:loud-w:20180122132202j:plain

 

より詳しい歴史、由来などはリンク先にて記載しております。

 

LAPHROAIG(ラフロイグ)

ラフロイグは他のアイラの蒸溜所と比べても、強烈なピートの香り、個性があり「アイラモルトの王」と言われてます。

↓より詳しく知りたい方はこちらもどうぞ↓

LAPHROAIG / ラフロイグ 「由来、味、値段」 - お酒HOOP

 

 

 

ラフロイグ検索(楽天市場)ラフロイグ検索(amazon)

 

ARDBEG(アードベック)

ラフロイグ同様、かなりスモーキーです。その中にも甘みがあり、余韻も長いです。

↓より詳しく知りたい方はこちらもどうぞ↓

ARDBEG / アードベッグ『由来、味、値段』 - お酒HOOP

 

 

 

アードベッグ 検索(楽天市場) アードベッグ 検索(amazon)

 

・KILCHOMAN (キルホーマン)

キルホーマンはアイラ島で一番新しい蒸溜所で、2005年〜なのでまだ超熟は出てないが、期待されています。

新しい蒸溜所なので色々なことに挑戦している挑戦できるメーカーです。ワインカスクなど、面白い挑戦をしていたりします。

↓より詳しく知りたい方はこちらから↓

KILCHOMAN / キルホーマン 「味、由来、値段」 - お酒HOOP

 

 

 キルホーマン 検索(楽天市場)  キルホーマン 検索(amazon)

 

・BUNNAHABHAIN(ブナハーブン)

ブナハーブンアイラ島では珍しく、ライトピートです。なので他のアイラモルトに比べるとピートの香りは抑えめです。優しい口当たりで飲みやすいです。

↓より詳しく知りたい方はこちらから↓

BUNNAHABHAIN / ブナハーブン 「味、由来、値段」 - お酒HOOP

 

 

ブナハーブン 検索(楽天市場ブナハーブン 検索(amazon)

 

・CAOLILA(カリラ)

カリラは、塩っぽい、海、磯の味がよくすると言われます。ツンとするドライな感じが人気です。

↓より詳しく知りたい方はこちらもどうぞ↓

CAOLILA / カリラ - お酒HOOP

 

 

カリラ 検索(楽天市場カリラ 検索(amazon)

 

BOWMORE(ボウモア)

アイラモルト飲んだことない方や、入り口となるお酒と言っても過言ではないでしょう。ピートなどバランスが程よく飲みやすくもクセもあり、アイラモルトとはこのようなものかとわかるお酒でしょう。

↓より詳しく知りたい方はこちらから↓

BOWMORE / ボウモア 「由来、味、値段」 - お酒HOOP

 

 

ボウモア 検索(楽天市場) ボウモア 検索(amazon)

 

・BRUICHLADDICH(ブルイックラディ)

特徴と言って何と言ってもボトルのデザインが目を引きますね。水色のボトル。これは珍しいですよね。水色のボトルはピート香が少なく、非常にまろやかです。ブルイックラディは別名でラインナップを作っているのですが、クラシックラディやオクトモアという、ピートの値、フェノール値が世界一多いなんてものも作っています。

↓より詳しく知りたい方はこちら↓

BRUICHLADDICH / ブルイックラディ 「由来、味、値段」 - お酒HOOP

 

 

ブルイックラディ 検索(楽天市場) ブルイックラディ 検索(amazon)

 

・LAGAVULIN(ラガブーリン) 

ラガブーリンはオイリーでリッチな味わいです。表現が難しいのですが飲むとわかります。笑

ラガヴーリンは、アイラモルトの中で最も仕込みに長い時間をかけています。また、ラインナップの中心も他のウイスキーが10年、12年が主流ですが、ラガヴーリン16年を定番として販売しています。

↓より詳しく知りたい方はこちらから↓

LAGAVULIN / ラガブーリン 「由来、味、値段」 - お酒HOOP

 

 

ラガブーリン 検索(楽天市場) ラガブーリン 検索(amazon)

 

 

 

 

 

このようにアイラ島は2018年1月現在8箇所の蒸留所がある、新たに建設中のとこも合わせると9箇所ある。

新たに建設中の蒸溜所はガートブレック(Gartbreck)と呼ばれるところだ。

http://www. gartbreck.com

 

この他にも1箇所アイラ島の北東海岸にあるポートアスケイグにもほど近いアードナホーで、新しい蒸溜所の建設予定である。

 

新たに建設されているところもあればもちろん過去に閉鎖されたところもあります。

 

閉鎖された蒸溜所

f:id:loud-w:20180122132431j:plain

PORTELEN(ポートエレン)LOCHINDAAL(ロッホインダール)

ポートエレンは、1930年から1960年代の半ばまで休業していたが、1825年から1983年まで操業していた。蒸溜所はそのまま残っており、2020年復活予定というビッグニュースが最近入ったばかりだ。

ロッホインダール蒸溜所は、1829年ロッホインダールの海岸に面したポートシャーロット村で創業。当初ポートシャーロット蒸溜所の名で操業していた。1829年から1929年に閉鎖

 

 

アイラ島ウイスキーの特徴

 

f:id:loud-w:20180122132604j:plain

アイラ島の特徴として

なんと言ってもピートと言われるスモーキーなクセのある香り、味があげられます。

ピートとは泥炭です。上の写真がピートです。

湿原で植物の遺骸が分解されず蓄積した、地層のことです。

そのピートを原料となる大麦麦芽を乾燥させる際に、燃料として使うとピートの香りが染み込み、その風味がウイスキーに反映されます。

 

そのピートの量。フェノール値と呼ばれ、この数値が高ければ高いほどクセものという感じになります。