サクッと簡単に分かるお酒紹介

お酒の紹介、勉強、豆知識を分かりやすく短く記載していきます。

LAPHROAIG / ラフロイグ 「由来、味、値段」

f:id:loud-w:20180113185517j:plain

 

LAPHROAIG(ラフロイグ)とは

スコッチ、アイラ島シングルモルトウイスキーです。

↓アイラって?という方はこちらも一緒にどうぞ↓

www.rock-fashion-bar-willwill.com

 

LAPHROAIGとはゲール語で「広い入り江の美しいくぼ地」を意味します。

ラベルの裏にも記載されております。

 

ゲール語って?という方はこちらも一緒に

www.rock-fashion-bar-willwill.com

 

ラフロイグ。名前だけでも聞いたことある方も多いのでは?

アイラモルトといえばラフロイグ。という印象が僕はあります。

アイラで最初に飲んだのがラフロイグだったからかもしれませんが ^^;

 

 

ラフロイグ1815年にアイラ島の南側に創設されました。

初代オーナーのドナルドさんは1847年に発酵槽に転落してなくなってしまったという歴史があります。また1850年〜70年代はスコットランドウイスキーの歴史の中で初の女性蒸留所所長でした。ラフロイグのファーストレディなどと呼ばれたそうです。

 

 

ラインナップ 

 

f:id:loud-w:20180115003428j:plain

紹介している商品は「楽天市場」「amazon」でその時売られているのものを調べ記載しております。

自身で調べたい方のために最後に商品名の検索結果を表示するリンクも最後に貼っております。

 

ラフロイグ10年

 

 

 

 

ラフロイグ18年

 

バーボン樽で育まれた18年以上の長期熟成原酒をバッティングしたもの。

10年より深みが増しております。

 

 

 

 

ラフロイグ・クォーターカスク

通常の樽より小さい樽で熟成されています。よりぎゅっと詰まっているイメージです。

クォーター(4分の1)のサイズのカスク(樽)ということですね。

 

 

 

 

 

ラフロイグ・セレクトカスク

 

2種類のシェリー樽とバーボン樽で熟成した原酒をヴァッティング。し更にアメリカンオークの新樽で後熟している。フルーティーな甘美さが漂う。

 

  

 

 

味わい

「超スモーキー」「際立つピートの香り」「海藻を思わせる潮の後味」言われます。

とにかく煙くさいですね!いい意味ですよ!笑

この手のシングルモルト、アイラモルトはやはりストレートで飲んでもらいたいお酒です。ですが初の一杯でラフロイグソーダ割りなどを頼まれる方もいらっしゃいますし

ラフロイグソーダ割り。贅沢ですが、とても香りも良くお薦めです。

今はラフロイグのコーラ割りなんてものも流行っているらしいですよ。

 

最後に

アイラモルト。クセの強いお酒は好き嫌いが分かれますが、初めはクサくて苦手という方も、また挑戦してみてください。人間の味覚は変わります。また飲むことで あれ。 とハマる方も多くいらっしゃいます。むしろその方が多いように気がします。

 

自身で色々なラインナップ、値段など検索して見てみたい方はこちらからどうぞ♪

ラフロイグ 現在のラインナップ(楽天市場)

ラフロイグ 現在のラインナップ(amazon)